FC2ブログ

京都 骨董 Le Classique






伊万里白磁筒盃 :: 2020/09/15(Tue)

伊万里白磁筒盃。
江戸前期の終わり頃〜江戸中期の初め頃、
だそうです。
伊万里に関しては当方はあまり数を扱ってこなかったため、
たいてい詳しい方にお訊きしています。
今回は師匠と国焼マイスターのお二人に。

李朝分院の白とほとんど同じ、
生掛けの釉肌は奇跡のようなあがりです。
口縁に窯キズ、見込みにフリモノがある程度のグッドコンディションです。
画像の合わせ箱がつきます(径は合っていません)。

径 約6.4センチ前後
高さ 約6センチ前後

実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは前後と記載の通り、多少の誤差を含みます。

伊万里白磁筒盃

伊万里白磁筒盃

伊万里白磁筒盃

伊万里白磁筒盃

伊万里白磁筒盃

伊万里白磁筒盃

伊万里白磁筒盃

伊万里白磁筒盃

伊万里白磁筒盃


スポンサーサイト



  1. 伊万里


古伊万里ひび焼龍唐草文香炉 :: 2020/09/14(Mon)

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

時代は江戸後期でしょうが、
半陶半磁であることから、
伊万里周辺窯の可能性があるかと思います。
ひび焼は江戸の早い時期のものですが、
詳しい方にお訊きするとわずかな窯でのみ江戸後期までこのひび焼を焼いていたそうです。
氏によるとおそらく官窯(藩ご用窯)の作、
それは伊万里にあまり知識のない当方がみても明白であります。
おそらく香炉として制作され、最初はホヤが付属していたものが、
茶入に見立てられたのではないでしょう。
法律上マンモスの牙と表記しますが、
この蓋も立派です(合わせたものの可能性も否めませんが)。
箱は当方で用意したもので、合わせです。
いずれにせよ、初見もの、またざっと調べたところ類例はありません。

口径 約7センチ前後
高さ 約8.7センチ前後
胴最大径 約7.5センチ前後

実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは前後と記載の通り、多少の誤差を含みます。

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉

古伊万里ひび焼龍唐草文香炉


  1. 伊万里


絵瀬戸輪線文半筒盃 :: 2020/09/08(Tue)

絵瀬戸輪線文半筒盃

江戸時代前期頃と思いますが、
確証はありませんので、ご理解の範囲でお求めください。
初見のもの、ありそうでないものですが、
非常によく酒を吸っているようです。
軽すぎず、重すぎず、手に収まる感じもここちよいお品です。

径 約6.7センチ前後
高さ 約3.8センチ前後

実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは前後と記載の通り、多少の誤差を含みます。

33万円

絵瀬戸輪線文半筒盃

絵瀬戸輪線文半筒盃

絵瀬戸輪線文半筒盃

絵瀬戸輪線文半筒盃

絵瀬戸輪線文半筒盃

絵瀬戸輪線文半筒盃

絵瀬戸輪線文半筒盃

絵瀬戸輪線文半筒盃

  1. 瀬戸・美濃


御深井輪花筒盃 :: 2020/09/04(Fri)

御深井輪花筒盃

江戸時代、御深井焼の輪花筒盃です。
生まれは筒向かと思います。
以前まったく同タイプを扱ったことがあります。
染みやすい肌で、本品も良い感じに育っています。
口縁と高台畳付に小欠けあり、
全体に貫入と貫入染み、ニュウがありますが、漏れはありません。
見込みは一部釉がありません。
短時間の水漏れテストでは漏れはありませんでした。
希少なお品です。
径 約7.7センチ前後
高さ 約6.7センチ前後
実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは前後と記載の通り、誤差を含みます。

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

御深井輪花筒盃

  1. 瀬戸・美濃


李朝初期刷毛目茶碗 :: 2020/08/14(Fri)

李朝初期刷毛目茶碗。

朝鮮王朝時代初期、15-16世紀ころの刷毛目茶碗です。
画像の通り、ニュウ、ニュウの直し、口縁に欠け、腰上にひっつき等あります。
また、直しは応急処置的なものですので、
将来的にはしっかり金直しに出されたほうがよろしいかと思います。
高台は竹櫛で、肌合いからみても井戸茶碗が焼かれていたのと同時期のものでまちがいないかと思います。
残念ながら箱がありませんので、なにがしか古布の包み裂をおつけします。
径 約17.5センチ前後
高さ 約8センチ前後
実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは前後と記載の通り、多少の誤差を含みます。

御売約

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

李朝初期刷毛目茶碗

  1. 李朝
次のページ