京都 骨董 Le Classique






高麗白象嵌小碗 :: 2017/03/20(Mon)

高麗白象嵌小碗


高麗末〜李朝初期。
白い部分は彫りで、そこに白化粧土を流したもの。
画像の通り、土銹等ついたままのうぶいお品です。
これからの育ち具合が楽しみな小服です。
半陶半磁のボディです。
径 約12.4センチ前後
高さ 約4.2センチ前後
もちろんたくさん呑まれるかたには盃としてもご愛用いただけるでしょう。

高麗白象嵌小碗

高麗白象嵌小碗

高麗白象嵌小碗

高麗白象嵌小碗

高麗白象嵌小碗

高麗白象嵌小碗

高麗白象嵌小碗

ギャラリー一間

ヴィンテージウェディングドレス小梅

骨董ルクラシック

古裂ノート


スポンサーサイト
  1. 李朝


真葛宮川香齋人形手馬上盃 :: 2017/03/19(Sun)

真葛宮川香齋人形手馬上盃
宮川香齋の初代・赤鯶 香齋 文政6年(1819)~慶応元年(1865)の作品です。
真葛焼の歴史は祐閑宮川小兵衛政一が、貞亨年間(1684~1687)に知恩院門前にて開窯。
初代香齋の作品には中国の写しが多く、
本品もいわゆる人形手青磁(青磁ですが、焼成によりオレンジにあがります)の写しと考えて間違いないかと思います。
(箱書が蓋と身とでそれぞれ違う骨董商によるものと思われ、記載が違います)
盃とありますが
むろんこんな大きな盃はなく、
見込みには茶渋もかなりついていますので、
茶碗として用いられたこともまちがいなさそうです。
元・芸妓さんで後にお茶の先生をされておられたかたの所有物だったもので、
ほかに黒楽の江戸前期のものもでました。
初だし品です。

径 約14.7cm前後
高さ 約8.2cm前後
高台には画像の通り、窯ワレがございます。
早々のご売約、ありがとうございます。

赤鯶 香齋

赤鯶香齋

赤鯶香齋

赤鯶香齋

赤鯶香齋

赤鯶香齋

赤鯶香齋

赤鯶香齋

ギャラリー一間

ヴィンテージウェディングドレス小梅

骨董ルクラシック

古裂ノート


  1. 古陶磁器


李朝堅手徳利 :: 2017/03/12(Sun)

李朝堅手徳利



李朝堅手徳利
17世紀の堅手です。
自分にはやや大きく感じられますが、
呑まれるかたには最適かと。
グレーのあがりですが、
なかなかの逸品かと思います。

李朝堅手徳利

ギャラリー一間

ヴィンテージウェディングドレス小梅

骨董ルクラシック

古裂ノート



  1. 李朝


内海理久 :: 2017/03/11(Sat)

内海理久です。
パンも食べられるようになりました。
まだ伝い歩き。

内海理久

内海理久

ギャラリー一間

ヴィンテージウェディングドレス小梅

骨董ルクラシック

古裂ノート


  1. Le Classiqueにあるもの


宗入赤楽天目台 :: 2017/03/05(Sun)

宗入赤楽天目台。
印からまちがくなく宗入でしょう。
古格ある作品ですが、それ以上に民芸的価値も高いかと思います。
径 約15.9センチ
高さ 約6.3センチ

宗入赤楽天目台

宗入赤楽天目台

宗入赤楽天目台

宗入赤楽天目台

宗入赤楽天目台

宗入赤楽天目台

宗入赤楽天目台

宗入赤楽天目台

ギャラリー一間

ヴィンテージウェディングドレス小梅

骨董ルクラシック



  1. Le Classiqueにあるもの
次のページ