FC2ブログ

京都 骨董 Le Classique






煎茶盆 :: 2020/03/14(Sat)

煎茶盆
明治期ころの讃岐塗です。
鉈彫といって、鉈で文様を表してあります。
現存するものはあまりなく、ほとんどが中国に行ってしまったかと思います。
大きな傷はなく、グッドコンディションです。
約42.7×12.7センチ前後
高さ 約1.7センチ前後

煎茶盆

煎茶盆

煎茶盆

煎茶盆

煎茶盆

煎茶盆

スポンサーサイト



  1. 古道具


江戸小袖はぎれ :: 2020/01/03(Fri)

江戸小袖はぎれ
ちりめん地に抜染、手描き、刺繍。
幕末〜明治期頃と思われます。
約29×15.5センチ前後
生地にリキがありません。

江戸小袖はぎれ

江戸小袖はぎれ

江戸小袖はぎれ

江戸小袖はぎれ

江戸小袖はぎれ

江戸小袖はぎれ

  1. 古道具


根来隅切盆 :: 2018/07/10(Tue)

根来隅切長盆
江戸時代。
約36×21.7センチ

根来隅切盆

根来隅切盆

根来隅切盆

根来隅切盆

根来隅切盆

根来隅切盆

根来隅切盆

根来隅切盆

根来隅切盆





  1. 古道具


古裂 石畳吉祥花文 :: 2017/12/17(Sun)

古裂
石畳吉祥花文。
隣り合う方形の織り組織がそれぞれ繻子と綾地であり、
類品に明時代16世紀の「石畳草花文様緞子」があることから、
これもおそらく同時代のものかと思われます。
地と文様がそれぞれ表裏組織となっています。
古軸の裂地として用いられており、裏打ちがしてあったので、かろうじて残存したもの。
東京国立博物館にある「遠州緞子」と同時代の渡り裂でまちがいないかと思います。
触るとぼろぼろ崩壊していきます。
本体 約17×22.7センチ前後

古裂 石畳吉祥花文

古裂 石畳吉祥花文

古裂 石畳吉祥花文

古裂 石畳吉祥花文

古裂 石畳吉祥花文

古裂 石畳吉祥花文

古裂 石畳吉祥花文

ギャラリー一間

骨董ルクラシック

  1. 古道具


蘇芳地唐花文銀襴刀袋 :: 2017/10/15(Sun)

蘇芳地唐花文銀襴刀袋
蘇芳地に平銀糸で織られた綾地、
別絡みの全越組織。
銀の下に朱も塗られており、堅牢な輝きを目指したものと思われます。
現状は銀が剥落し、
拡大組織をみると変色した銀、その下の朱、さらにその下の和紙がみてとれます。
和紙自体がまだ十分のこっており、時代は室町以降かと思われます。
裂は渡りのもの、刀袋に仕立てたのはもちろん渡ってきた時代より後代でしょう。
類例として挙げられるのは同じく蘇芳地の花鳥文銀襴狩衣(15世紀、関市、春日神社)。
いずれにせよ貴重な資料であるとともに、
渡り裂の魅力が十分に残っている状態の良いものです。
約59×9センチ前後
ご売約済、ありがとうございます。

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

蘇芳地唐花文銀襴刀袋

  1. 古道具
次のページ