京都 骨董 Le Classique






古唐津茶碗 :: 2012/06/23(Sat)

古唐津茶碗
桃山時代。
古い時代にすでに呼び継ぎがしてあります。
まだ陶片を自由に窯跡で拾えたころに継いだもののようで、
むりなくR(アール)が一体化しています。
パテの上にいぶし銀で継いであったと思いますが、
経年変化により黒くなっています。
それが抽象絵画のような景色を生みだしています。

多少安定がわるいです。

*その後こくそにて内側を補強しました。

径 約10.5センチ
SOLD OUT

古唐津茶碗

古唐津茶碗

古唐津茶碗

古唐津茶碗

古唐津茶碗

また、最後の画像の通り、
経年変化により
呼び継ぎした部分のパテが剥がれかけています(胴の内側部分)ので、
実用されるかたには不向きかもしれません。
その場合はなにがしかの処理が必要です。
外側は大丈夫です。

Le Classique バイヤー日記トップへ


内海満昌の絵画(goo blog)


内海満昌の絵画


お店へのグーグルマップ



スポンサーサイト

テーマ:骨董 - ジャンル:ライフ

  1. 古陶磁器
次のページ