京都 骨董 Le Classique






李朝初期 無地刷毛目茶碗 :: 2012/08/30(Thu)

李朝初期 無地刷毛目茶碗
どうしちゃったのかな、というゆがみ具合です。
重ねて焼いたものが重かったのでしょうか。
自分で使用するつもりで仕入れたので、
高台についていた砂を半ば強引に削りました。
画像の通り釉薬がかかっていない部分も一部あります。

磁土を多く含んだ土なので、
胴を指ではじくと澄んだここちよい音がします。
それでも完全に磁器ではない音ですけど。

伝世のものではないので、
使用傷などはありません。
ニュウはありません。
見込みに目跡6つ。
茶碗と考えると大きすぎます。
どんぶりですね。
煮物などには最適です。

径 約18.5センチ
SOLD OUT

李朝初期無地刷毛目茶碗

李朝初期無地刷毛目茶碗

李朝初期無地刷毛目茶碗

李朝初期無地刷毛目茶碗



李朝初期無地刷毛目茶碗

Le Classique バイヤー日記トップへ


内海満昌の絵画(goo blog)


内海満昌の絵画


お店へのグーグルマップ


スポンサーサイト

テーマ:骨董 - ジャンル:ライフ

  1. 李朝
次のページ