京都 骨董 Le Classique






李朝白磁 :: 2013/09/30(Mon)

李朝白磁としましたが、
どちらも主役。
徳利は19世紀壺屋。
口に直しがありますが、絶品。
盃(ぐいのみか)は李朝初期の官窯のもの。
非常にレベルの高い作品です。
それぞれコレクター氏からでたもので、
そうそうお目にかかれるものではありません。
特に李朝のほうは先日これと同じタイプで若干色のちがう茶碗が旅立っていきましたが、
それに匹敵するもの。
どちらもマイコレクションですので、非売品です。
酒は新潟の地酒です。

mine11.jpg






スポンサーサイト

テーマ:骨董 - ジャンル:ライフ

  1. 李朝
次のページ