京都 骨董 Le Classique






丹波うるか壺 :: 2014/12/29(Mon)

丹波うるか壺。
ずっと以前に仕入れたものです。
まっぷたつにニュウがあったのをこくそで直していたのですが、
見た目が気になりいったんさげていました。
このたび内側を食品衛生法をパスしている合成漆にて水どめし、
外側のはみでたこくそを一部を残し取り去りました。
まだ一部黒くのこっているのがそれです。

うるか壺はたまにみますが、ほぼ明治以降のもの、
このうるか壺のように江戸後期はゆうにあるものというのは希少です。
古いものは匙をさすために口が切ってあるのが特徴です。
なんといってもこのみため、お好きなかたにはたまらないかと思います。
僕自身もたまりません。
朝からほれぼれしています。

胴最大径 約7.5センチ
高さ 約6.7センチ

丹波うるか壺

丹波うるか壺

丹波うるか壺

丹波うるか壺

スポンサーサイト
  1. 丹波
次のページ