京都 骨董 Le Classique






壺屋荒焼徳利 :: 2015/11/30(Mon)

壺屋荒焼徳利。
いわゆる升徳利ですが、
ごろんとした形のものが多いなかでスマートな姿です。
時代は18-19世紀でしょうか。
キンキンと磁器のような胎土です。
容量も約210ミリリットルで自分には最適。
手元に残ればこれで正月の酒をいただこうと思います。
高さ 約13.3センチ ややカタツキがあります。
(画像は若干赤味が強調されて反映しているかと思います。)

壺屋荒焼徳利

壺屋荒焼徳利

壺屋荒焼徳利

壺屋荒焼徳利

ギャラリー一間

ヴィンテージウェディングドレス小梅

weirdo(ブログ)





スポンサーサイト
  1. 琉球古陶
次のページ