京都 骨董 Le Classique






唐津掛分盃 :: 2017/07/17(Mon)

唐津掛分盃
桃山のものではなく、おそらく明治期頃のものかと思われる唐津掛分盃です。
造形からわかるように、
本歌を狙ったものではなく、
純粋に唐津の焼き物として制作されたものでまちがいないかと思います。
そして明治頃としました理由ですが、
一見すぐに酒がしみそうな肌ですが、
じつは使用してもほぼまったく変化はありません。
その堅い肌がここまで育っているということは、酒徒によって大切に大切に使用されてきた証かと思います。
当方も何度も使用していますが、
お酒もおいしくいただけます。
径 約6センチ前後
高さ 約4.3センチ前後
ご売約済、ありがとうございます。

唐津掛分盃

唐津掛分盃

唐津掛分盃

唐津掛分盃

唐津掛分盃

唐津掛分盃

唐津掛分盃

スポンサーサイト
  1. 古陶磁器
次のページ