FC2ブログ

京都 骨董 Le Classique






李朝三島刷毛目盃 :: 2019/03/16(Sat)

李朝三島刷毛目盃
朝鮮王朝時代最初期の粉青沙器三島刷毛目盃です。
鶏龍山の窯らしく、黒々とした土です。
ボディは磁器のように堅く焼けており、
それがためか、ほぼ完品です。
高台畳付に欠けはありますが、手擦れですっかりなめらかになっています。
おそらくは大正から昭和にかけての発掘で日本に来たものかと思いますが、
数寄者の手で愛されて来た物である事が伺えます。
なんといっても10センチを切るこのサイズは希少、
一生一盃とするなら、これにするのも良いかと思えました。
また、碗なりで深さが十分あることも大きな魅力のひとつです。
径 約9.4−9.8センチ前後
高さ 約4センチ前後
ご売約済

李朝三島刷毛目盃

李朝三島刷毛目盃

李朝三島刷毛目盃

李朝三島刷毛目盃

李朝三島刷毛目盃


スポンサーサイト
  1. 李朝
次のページ