京都 骨董 Le Classique






李朝初期白磁盃 :: 2017/07/02(Sun)

李朝初期白磁盃。
径 約8.5センチ前後と、非常に希少なサイズです。
薄造り、官窯の優品です。
陶胎、高さ 約5センチ前後
ご売約済、ありがとうございます。

李朝初期白磁盃

李朝初期白磁盃

李朝初期白磁盃

李朝初期白磁盃

李朝初期白磁盃

ギャラリー一間

ヴィンテージウェディングドレス小梅

骨董ルクラシック

  1. 李朝


高麗ヘムリクップ小碗 :: 2017/07/01(Sat)

高麗ヘムリクップ小碗
高麗王朝時代、14世紀ころの蛇の目高台の小服です。
夏茶碗として最適。
藁灰釉の美しさが際立つ茶碗です。
おそらくは白磁を目指したものでしょう。
全体に貫入、高台ややかたつき(前所有者によりときん部分が削られています)ありますが、
稀にみる優品かと思います。
ボディは陶胎です。
径 約12.4センチ前後
高さ 約4.4センチ前後

高麗ヘムリクップ小碗

高麗ヘムリクップ小碗


高麗ヘムリクップ小碗

高麗ヘムリクップ小碗

ギャラリー一間

ヴィンテージウェディングドレス小梅

骨董ルクラシック
  1. 李朝


丹波小壺 :: 2017/06/24(Sat)

丹波小壺
掛け花入れとして使用されていた江戸時代の丹波小壺です。
酒注としても使えないこともなくはないです。

丹波小壺
  1. 丹波


琉球徳利 :: 2017/06/18(Sun)

琉球徳利。
17世紀、壺屋統合以前のものと推測されるとくりであります。
画像ではわかりにくいかもしれませんが、窯印があります。
首の直しはもともと堅牢な成型の上に共色直しがありましたが、
当方にて本金泥を蒔きました。
注ぐ時に首下の石はぜの部分が下になった場合、そこらからもれますが、
それくらいはもれたほうが逆に酒がしみてよかろうというもの。
ほかにボディに窯キズ様の欠けもありますが、そこからはもれません。
当方で大切に大切に現在使用しているもので、
できれば手離したくないうちのひとつです。
堅く焼きしまった肌、
そしていわゆる升徳利的な容量ではなく、
1合は優に超えます。
高さ 約14.3センチ前後
高台かすかにかたつきます。

琉球徳利

琉球徳利

琉球徳利

琉球徳利

琉球徳利

琉球徳利

  1. 琉球古陶


李朝盃 :: 2017/06/15(Thu)

李朝盃。
これぞ李朝の盃、
そんな盃のうちのひとつかと思います。
ご売約済、ありがとうございます。

李朝盃

  1. 李朝
前のページ 次のページ